トップ

歯科とアレルギー

歯科治療で金属アレルギー

歯科の金属アレルギーとは?

もしかしたら自分は金属アレルギーなのではないか?と思っている方もいるかと思います。金属が体に触れると症状がでてきますが、実は歯科治療などで使われている金属も、症状を引き起こす原因となる場合があります。悪化しないようにするにはどの様な事に気をつければよいのでしょうか?まず、古い金属は錆びている可能性があるので、かなり前に治療した金属をチェックしましょう。また、金やチタンは錆びにくく安定しているため、アレルギーが出にくいとされ、これらのものを使用する方が良いかもしれません。また、技術の発達により、すべてセラミックで作られた被せものや詰めものもあります。アレルギーの出ないものがあります。自分にあった治療法を歯科医と相談するのが良いでしょう。

歯の金属アレルギー治療は素早く

増加しているアレルギー、口内炎の症状に歯科治療にも関係している人が増えて問題になっています。保険治療による差し歯、ブリッジ、かぶせモノには金属を使っている場合が多いです。虫歯の治療にさえ金属アレルギーのリスクがあります。口の中の金属は長い時間をかけて、少しずつ全身に広がりますので早めのチェックは重要です。自費治療にも使われている事もあります。そのまま放置していると頭痛、鼻づまり、腰痛、肩こり、不眠、うつ病など症状も深刻です。歯科での検査はとても簡単でリーズナブルなので、早めの治療が必要です。治療には時間もかかりますので、早くお口の中を金属フリーに交換しましょう。

↑PAGE TOP